投資をするなら不動産が良いと言われる理由

不動産投資は、将来の年金額や預貯金の利子などに期待がもてないサラリーマンに、特におすすめの投資です。購入する不動産が担保になるため、資金調達が容易である点が大きなメリットです。またインフレなどによって資産価値が下がるリスクもありません。万一の時は団体信用生命保険で負債はゼロになりますので、家族に財産を残すこともできます。

不動産投資は副業におすすめの投資方法

不動産投資はここ何年かで特に注目を集めるようになった資産運用方法です。投資には株式やFX、信託や外貨預金などいろいろありますが、リスクが大きく、初期費用がかかるものが少なくありません。FXは少額でも始められる投資ですが、リスクが低いとは言えませんし、外貨預金や信託には最初にある程度の資金を投入する必要があります。
不動産投資の場合、対象の不動産が担保となりますので、自己資金が少ない人でも借り入れすることができます。何百万円という初期投資費用が準備できない人にとって、魅力的な投資と言えるでしょう。また借り入れたお金の金利は経費として計上することができますので、他に収入があるサラリーマンなどにとっては節税にもなる、というメリットがあります。
自身で不動産の管理をする必要はなく、管理会社に委託すればほとんどすることはありません。そのため他に本業がある会社員などに特におすすめの投資方法です。
もちろん投資という以上、リスクが全くないわけではありませんが、預貯金のようにインフレのリスクがほとんどないこと、失敗しても不動産という資産は残すことができることを考えると、手堅い投資の1つであると言えるでしょう。

不動産投資のおすすめポイントや魅力

具体的な不動産投資のおすすめポイント、魅力的なメリットなどを紹介させていただきます。
まずは家賃という安定収入が得られることです。これが一番大きな魅力でしょう。デフレが進んでいた頃でも家賃相場はそれほど下がりませんでしたので、安定収入と言えます。しかも自身はほとんど何もせずに得られる収入ですので、魅力的です。
次に資金調達が容易であることです。購入する物件を担保に借りることができます。次に高利回りです。投資は誰もが利益を得るためにするものです。資産を増やすつもりが逆に減らしてしまったり、わずか0.01%の利益しかない運用方法もありますが、不動産投資なら利回り5パーセント以上も珍しくありません。
そして現金などの金融資産ですと、万一の時の相続税が多額ですが、不動産は評価が低く、さらに他人に貸す場合は控除も受けられますので、相続税や贈与税の対策としても有効な方法です。
借り入れをして運用を始めた場合、万一の時には借金だけが残ってしまう、という心配がありますが、不動産投資の場合、一般の住宅ローンと同じように、団体信用生命保険に加入しますので、家族に負債を残すことなく家賃収入を得られる不動産を残すことができます。