サラリーマンが不動産投資をする際に注意すべきこと

サラリーマンの副業としても多く見られる不動産投資ですが、これを成功させるにはそれなりに勉強していくつかの注意点を把握し、投資する物件やエリアを選んでいく必要があります。それには一体どんなことが含まれるのか、対策としてどのような手があるのかを紹介しています。また、何に注目すると投資の成功率を上げられるのかも併せて紹介しています。

失敗しないための物件の選び方

不動産投資を行う際に1番大切なことは利回り、つまりは収益性だという人は多いでしょう。確かに毎月いくらの収益が見込めるかというのは不動産投資にとって死活問題でもあり、様々な意見がある中結局はそこに集約されます。
しかし、ここで注意しなければならないのは収益性ばかりに気を取られて物件そのものをよく観察しないということです。というのも、収益性とは毎月の家賃収入ばかりでなく維持費など物件にかかるコストも含まれますが、この物件という項目に対して無防備になってしまいます。
例えば綺麗なアパートだとしても購入してすぐに手入れが必要になれば収益性どころではなくなり、その不動産投資は失敗となってしまいます。そうならないためにはじっくりと見学をすることが大切です。
また、自分が住むならという先入観は捨ててしまいましょう。例えば公園が近くにある、日当たりがいいなどという声はよく聞かれますが、もしそれがサラリーマンの住むワンルームマンションであった場合当然入居者は1人暮らしです。この場合、サラリーマンにとって公園が近いという条件は必要ありませんし、家を空けることが多い1人暮らしでは日当たりもそれほど関係はありません。いかにニーズを読めるかがポイントです。

収益に直結するエリア選択

収益性に響いてくるのは不動産投資を行う物件の特徴だけではありません。どんな所に建っているのかというエリアに関する点も非常に大切で、ここでは必要以上に注意深く調査する努力が必要です。
実際に現地に調査に行くことも良いですが、サラリーマンであれば中々そうもいかないこともあります。その場合、人工の推移で見てみるとある程度的を絞りやすくなります。人工の推移は近隣の土地でも構いませんが、できれば全国的なデータを参照してみる方がより収益性の高い不動産投資に繋がります。
サポートしてくれる業者もいますのでサラリーマンだからといって遠くの土地の不動産投資ができないわけではありません。また、中には海外の不動産投資を行っている方もいらっしゃいます。ですが海外には海外の事情がありますので、初心者であればまずは国内のエリアに的を絞りましょう。
多くの方が悩むのが、都心にするか郊外にするかのエリア選択でしょう。それぞれ入居者は募りやすいが維持費がかかる、又はその逆という特徴がありますので自身の収支モデルと照らし合わせて選びます。
その土地のニーズを読み、適切なエリア選択をすることで継続的且つ安定的な収益を望むことができます。