金融関連の融資・査定のポイント

不動産投資の際にさまざまなローンを利用することも可能です。何も全て貯金から出す必要はなく、手元にお金がなくても投資を始めることも可能になります。この時、金融機関から融資してもらうためのポイントとしてはいくつかのものがあります。また、査定の際などに有利になるため前提条件として知っておかなくてはならないこともいくつかお教えしましょう。

不動産投資ローンと住宅ローンは違う

不動産投資を始めようとして、手元に資金がなくてできないという人は少なくないでしょう。すぐにお金が必要になるわけでもないのならば、全てを手元の一括の費用で何とかすることも大事ですが、一方でお金を借りることで返済できる場合もあります。
このような不動産投資のための借入は親しみがある住宅ローンとはまた少し違います。これは金融機関からすればまた話が違ってくるのです。
まず、査定基準からして違います。査定基準は住宅のためと不動産投資のためであればまた違ってくるのです。このため、金融機関の見方も違ってきますし、金利や査定基準もまた違ってきます。
融資の際、もちろん査定は厳しくなりますし、金利も比較的高めになる傾向があります。また、金融機関によっては事業性資金という見方をすることもありますので、採算性やその物件の将来性などを重視されることもあります。また、金利の幅は主に2パーセントから7パーセントとなり、金利についても幅があります。
このため、普通の住宅ローンと同じように考えるわけには行きませんので、融資前には必ずどのようなものかをよく調べた上で、どのようにすれば金利が安くなるか、返済が楽になるかを考えましょう。

金融機関にお金を借りる場合はどうしたらいい?

最近の不動産投資の傾向としては、大体は投資会社などのさまざまな会社を経由することが多いでしょう。もし自分だけで行うわけではないのならば、しっかりとしたそのような投資会社などとの相談を行い、内容を把握してから行うのが一番でしょう。
また、ローンに通りやすくするためにはいくつかのポイントがあります。
ひとつは自己資金がどのくらいあるか、ということです。自己資金とはそのまま自分で出せるお金のことですが、その資金が大きければ大きいほどなおのこと通りやすくなります。借入総額が減るため返済も楽になりますし、短期間で済むのも大きなメリットでしょう。
もう一つは収益性です。物件の収益性が高くいい物件だと認定されれば、それなりに利回りもよくなり取りはぐれも無くなりますから、それなりにいい物件としての収益性が期待できるでしょう。
そしてその人の収入・勤務先も大事です。その人の収入とは、その人が年収がどのくらいあるかということです。年収があればあるほど、勤務先がよければよいほど金融機関の印象も良くなります。
査定の際にはこういったところもさまざまなアピールを行い、融資を少しでも有利にできるようにすると非常に効果的でしょう。